はじめまして

ようこそ、Yoga spoonへ!

2020年1月、余戸にヨガスタジオをオープンいたします 、Sachiji先生 こと 松本沙千と申します。

↑ヨガスプーンについて、動画で紹介をまとめてみました★ぜひご覧ください↑

松本沙千(Sachiji)と申します。

Yoga spoonにご興味を持っていただき、誠にありがとうございます!自己紹介をさせていただきます。とてもなが~くなってしまったので、お時間のある時にゆっくり読んでくださいね(#^.^#)

1993年7月21日生まれ、愛媛県松山市出身、生粋のみかんっ子です。新玉小学校在学中の好きな教科は図画工作。趣味はポエム(・・・しぶいっ!)。それ以外にもお習字やピアノを習ったり、金管バンド部に所属したりして芸術を楽しむ一方、夏になると水泳や走り幅跳びの大会に参加するなど、アクティブに体を動かしていました。

大学在学中、松山市内の高校にて
ダンス部の非常勤講師を担当。
たびたび研究室を抜け出し怒られる日々。

そして松山西中等教育学校に進学し、芸術と運動の融合とも言えるダンスに出会い、6年間ずーっとダンス部一筋の生活 ―朝も練習!昼も練習!夜も練習!寝て起きて、星が出ているけどまた練習!(笑)、という輝かしい青春時代を過ごしました。

研究生時代。・・・なぜゴーグル?

愛媛大学在学中もダンスを楽しんでいたのですが、理学部生物学科の微生物を扱う研究室に所属しており、上回生になる程、実験と研究に追われるようになって初めて、「カラダを動かさないことによるツラさ」を経験。生き物相手の実験なので、内容によっては時間の都合をコチラが微生物サマ(!)に合わせてあげないといけないことも多く、真夜中から明るくなるまで、ひたすら顕微鏡とにらめっこする、みたいなシュールな生活を続けていました。しかも、特殊な顕微鏡の為、室内の電気を消して、さらに真っ黒な布を被らないといけないんです。その状態で「カチカチカチカチ・・・」と静かに計数していく作業。傍から見たらシンプルに恐ろしい光景でしたね(笑)。

大手ホットヨガスタジオ
新米インストラクター時代

そんな時に、「私はカラダが快適でいられる仕事をしたい」という気付きを得ました。そこで、選んだ職業はヨガインストラクター。学生時代はカラダを酷使して飛んだり跳ねたりしながらも特にケアをせず(先生からはケアしなさいと言ってもらっていたんですけどね)、結果としてカラダを痛めることも多かったのですが、ヨガを学ぶにつれ、カラダを動かせば動かすほど、調子が良くなっていく!ということに純粋な感動を覚えました。当時は「カラダを動かさない=痛くなる」という方程式と並列で、「カラダをたくさん動かす=痛くなる」と思い込んでいたのです。そんな私には、ヨガの気持ちよさがとても衝撃的で、どんどんヨガが大好きになりました。

インドでのヨガ修行僧時代

2年弱、大手ホットヨガスタジオ(大阪、兵庫、松山)にて、ヨガを教える楽しさや面白さに触れながら、いつかは自分のヨガスタジオを作りたいと思うようになりました。そして、急に「インドに呼ばれている気がする!」とか言って(笑)、一人でヨガの本場インドへ。1か月間の密度の濃いヨガ修行をおこない、帰国してすぐ松山の新規総合フィットネスに就職。初めてフィットネス界に参入するというタイミングの会社だったので、自分のお店をつくるという夢の実現の為にぜひ学ばせてほしいと、社長に申し出て採用してもらいました。そこでもまた2年弱、ヨガを教えつつ「中間管理職」という少し難しい立場をいただいて、会社の運営に携わりました。

総合フィットネス
チーフ時代

とても大きな学びを得られたこの2年の間に、私にとっての試練も何度か経験しました。ある時は業務の量や内容、ある時は人間関係に悩み、心療内科に通った時期もありました(会社自体や職場の皆さんは支えてくれていましたが、私のもともとの性格も影響して)。一時は、お医者様から処方された「不安を抑える薬」で楽になったのですが、その薬をやめたことでホルモンバランスが崩れたのか、うつうつとしてふさぎ込むような日々も。その時期に気づいたことが、自分はストレスを感じると、質の悪い食事をたくさん食べることで対処しようとしている、ということでした。それからは、自分のカラダとココロが快適でいられるにはどうしたらよいかを自問自答し、ヨガや筋トレでしっかりカラダを動かしたり、瞑想をしたり、映画を観たり本を読んだり歌ったり踊ったりと、様々なストレス発散法を生活に取り込むことで、少しずつ回復していきました。でも、いちばん気持ちが楽になる方法は「人に話すこと」、そして、一人で、ではなく誰かと一緒に「ストレスに向き合い、根本原因に対処すること」なんだということ。それも、その時期に発見したことの一つでした。

健康第一!

日本では一般的に、ダイエットという言葉の意味は「減量すること」と捉えられ、時に極端な偏食や食事制限、続けることが困難な激しい運動による短期的な減量などを指して使われることもありますが、本来の意味は「健康や体重管理を目的とした食事療法」です。Yoga spoon は、後者の考え方に沿って、お客様の人生そのものがより輝く、健康的でバランスの良い食べ方、そして無理なく楽しく続けられる運動を生活習慣に取り入れていただくことを目的にしたお店です。

ヨガは10人程度のグループレッスン形式で、ゆったり優しいリラックス系からちょっぴりハードなものまで。食べ方指導は1対1の対話形式で、それぞれの生活に合わせ、ずっと楽しく続けられる方法を一緒に探っていきたいと考えています。家族や周りの人の為に一生懸命な優しい方ほど、自分を大切にする為の時間が置き去りになってしまいがちです。でも、あなたが元気で、笑顔でいられることで、周りももっと幸せになるんだということを、身をもって体験していただきたいな、と思っています。

2019.10.29
Sachiji先生

世界にたった一つの、かけがえのないカラダとココロを癒し、エネルギーを注ぎ込む。そんなお手伝いが出来たら、幸いです。