こんな時こそ


昨日7月8日、日本で衝撃の事件が起きました。
私も報道を受けて心底悲しくなり、涙が出てきました。
暴力で何かを動かそうとするのは、あってはならないことです。

怒りや憤りは募る一方ですが、今回、それは置いておいて
1ヨガインストラクターとして
これをご覧になっている心の優しい皆様に
伝えたいことをお伝えしようと思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mobile-g2bcaf9c92_640.jpg

皆さん、情報を受け取りすぎないでください。
ショッキングな画像や映像、音などの情報に溢れている今
無防備に全部を受け入れていると
私たちの心は想像以上に傷つき、壊されてしまいます。
こちらから近づいていかなくても、大量の情報は、向こうからどんどんやってきます。
自分で自分を守るしかありません。

何も、テレビやスマホを捨てましょうという話ではないですよ。
世界で起こっていることを知っておくのは大事ですからね。
(うちにはテレビ置いてないですけど(;^ω^))
ただ、何度も同じことを聴いて、観て、その結果
自分の口角が下がっていることに気づいたら
そこからいったん離れるタイミングです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mother-gace45b044_640.jpg

私たちの心は自分が思っている以上に繊細です。
感染症だったり、戦争だったり、今回の事件だったり
もうすでに許容量いっぱい、皆頑張っているので。
これ以上は追い込むのをやめて、
おいしいもの、美しい景色、可愛いもの、楽しいことに
触れる時間をたくさんとってあげてください。
そして、負の気持ちには蓋をせず。
親しい人に話したり、文字に起こしたりして、吐き出すことも大切。
バケツの中にたまったマイナスを外に掻き出して、プラスを詰め込んでいくイメージですね。

日本人は共感の民族なので。
どこかで悲しいことがあると、自分たちも笑顔になってはいけない、
そんな雰囲気で自分たちを縛り上げてしまうことがあります。
でも、それでみんなの元気がなくなってしまうのは無意味です。
お互いに元気づけあって、心のバケツを心地の良いもので満たしましょう。

あなたの笑顔は、必ず、別の誰かの笑顔に繋がります。

皆さんの心身の健康と幸せをいつも願っています。